甲状腺の病気を予防しよう|病院へ行く大切さ

女医

現代に増えている症状

病院

世田谷区では内科が受診できる病院があります。神経性胃腸炎はストレス社会の現代において流行しています。神経性胃腸炎はストレスが原因で誘発されます。その為、治療を受けましょう。

View Detail

様々な種類の症状

看護師

甲状腺の病気には様々な種類がありますが、その中でも過剰にホルモンが増える「バセドウ病」は、甲状腺の病気の中でも若い人に多い病気です。
バセドウ病は1840年に発見された病気です。当時バセドウ病を研究していたドイツの医師の名前の中に、バセドウが含まれていたことからバセドウ病と名付けられました。バセドウ病は免疫の分泌量が関係しています。人間の体にはウィルスが体内に侵入してきた場合に備えて、ウィルスを攻撃する免疫機能が備わっています。ですが、バセドウ病になると甲状腺に存在しているホルモンが通常よりも過剰に増えてしまうのです。その為、通常はウィルスを攻撃するはずの免疫力が、自分の体を攻撃してしまうことになるのです。その為、動悸やめまいが頻繁に起こるようになります。

人間が健康で生きていく為には、健康な生活を意識することが大切です。例えば、生活習慣が不規則な人は様々な病気になってしまいますし、生活習慣病となる心筋梗塞や、がんの1種である卵巣がんになるリスクが通常よりも高くなってしまいます。生活習慣は思っている以上に体に負担がかかっていますので、病気の予防をするには生活習慣を見直しましょう。また、病院では生活習慣病予防の為に、食事のアドバイスを受けることができます。栄養の摂れる食材や、献立メニューのアドバイスを栄養から受けることができます。病気の予防をする為にも、定期的に病院へ行き検査をすることが大切です。

定期検診を受ける

男の人

心筋梗塞は年齢問わず誰にでも起こりえる病気です。不規則な生活習慣が大きく関わってきます。生活習慣を改善することで心筋梗塞になるリスクを低下させることができます。

View Detail

いろいろな検査方法

医者

女性は卵巣がんに気をつけなければいけません。卵巣がんは命に関わる病気です。病院ではいろいろな検査方法で卵巣に異常がないかを調べることができます。卵巣がんの疑いがある場合は、早急に病院へ行きましょう。

View Detail